海に注ぐ短い川

この世の楽しそうなこと全て体験しないと気が済まない

一泊二日でお伊勢参り

あけましておめでとうございます。
今年のお正月は伊勢神宮に初詣に行ってきました。旅行に行ったときのブログはその時に書いてしまわないとなかなか完成しないものですね。去年グレートバリアリーフでダイビングしたことや、高知県仁淀川に行った話も下書きのまま残っている。

f:id:Hinatic:20180107164112j:plain

あまりに山深いところにありイッテQ状態だった仁淀川。このような「青い川」を求めて北海道の美瑛にも行ったことがあるが、その時は不発だった

 

私はもともと赤福が大好きなので、赤福の店舗ではぜんざいを出しているということを知った瞬間に伊勢に行くことを決めた。決めたんだけど、伊勢思ったより遠い〜〜〜!JRの新快速の恩恵に預かり神戸〜大阪〜京都〜大津間が各15分くらいなので、アクセスが良すぎて関西狭いな〜とか思ってたら京都からはちょっと行きにくかった。


今回は伊勢神宮初詣切符という伊勢志摩間の周遊切符と干支の縁起物などがついた近鉄特急券を買ったんだけど、バス乗り放題付きの切符もあるらしいので、次に行くときはそれにしようかなぁと思った。バス移動が必須なのだ。
Twitterでオススメの場所などを聞いたところ、さすがお伊勢さんだけあって行ったことのある人が多かったらしくいろいろ情報を教えてもらえた。オススメはほぼコンプリートできて嬉しかったしどれも良かった。

伊勢神宮は125もの社の総称で、中でも中心になるのが伊勢市駅から歩いて行ける外宮(げくう)と、そこからバスで20分離れたところにある内宮(ないくう)。
外宮からお参りするのが習わしとのことなので向かうと、間も無く安倍総理が参拝に訪れるという。威丈高な物言いの警官に腹を立てながらなんとか総理が到着する前に参拝を終え、まめや伊勢うどんを食べた。

f:id:Hinatic:20180107164247j:plain

後にここのうどんは美味しかったことが分かる

 

さて内宮行きのバスに乗り込むと総理のせいで交通規制にひっかかり、バスに1時間乗っても内宮に着かなかった。痺れを切らした乗客の1人が「もうここで降ろしてもらえませんか?」と鶴の一声を上げ、結果的に乗客はほとんど全員そこで降りた。あの時のおじさんありがとう。たまたま内宮の別宮の月讀宮の近くだったので、先にそこへお参りして歩いて内宮へ行った。参拝をすませるともう16時。有名な門前町、おはらい町とおかげ横丁は大体17時までなので、かなり駆け足で巡ることになったけど事前情報のおかげで買うものは迷わなかった。
伊勢角のカキフライ
豚捨のコロッケ
海老丸大アサリ、蒸し牡蠣
だんご屋のみたらし団子

f:id:Hinatic:20180107164725j:plain


お正月で混むからか、メニューを限定してるお店が多かった。豚捨はコロッケのみの販売


私は貝と天ぷらが苦手なんだけど、「海老丸の大アサリとハマグリと牡蠣の天ぷらがオススメ!!」と友達が教えてくれたものが全部食べられなくて笑ってしまった。でもせっかく来たし地のものなら美味しく食べられるかもな〜って思って大アサリと蒸し牡蠣を食べてみたけど、やっぱ貝は今後も食べなくていいや。ホタテの貝柱だけ食べます。でもカキフライは初挑戦したら意外と食べられた!タルタルソースのおかげかな。
あとはおかげ犬のおみくじなども引いた。お伊勢さんに限ったことではないけど、お参りに行きたくても行けない主人の代わりに旅をしてお参りをした犬のことを代参犬と言ったそうな。金比羅さんではこんぴら狗と呼ばれていたけど、お伊勢参りをした犬はおかげ犬なんだそうです。おかげ犬のグッズどれも可愛かった。

倭姫宮神宮徴古館・農業館は回りきれなかったので翌日行った。徴古館というのは神宮のお祭りや御装束神宝、文化・歴史の博物館です。(外宮にある式年遷宮紀念せんぐう館もそんな展示内容のようだったけど、そちらは台風の影響でしばらく休館するとのことで行けなかった)Twitterで教えてもらわなければ行っていなかったと思うけどここがすごくよかった!職員の方による展示解説がすごく分かりやすかったので、時間が合えば絶対に聞いた方がいいです。(1日2回 10時/14時)
伊勢神宮遷宮は20年に1度。その度に全ての社殿を建て替え、御装束や神宝も新調するということはその技術が残っていないとできないこと。私は大学で金属系の伝統工芸の専攻だったので、めっちゃ神宝作りてぇ〜〜〜と思ってしまった。だってかっこいいんだもの。あと神職ってめちゃくちゃ忙しいんだなと思った。朝晩の御食事を供えるのとか含めて年間のおまつりが1500回あるらしい。忙しい。

またバスに乗って、夫婦岩と二見興玉(ふたみおきたま)神社に行った。二見興玉神社には海の守り神である綿津見大神を祀る龍宮社がある。今年もダイビングが出来るか分からないけど、気を付けて遊ぶのでお守りくださいとお願いしました。昔はここで身を清めてからお伊勢参りしたとのことで、順逆になってしまったが致し方なし。せっかくなので夫婦で1つずつ持つ夫婦守りを買った。

f:id:Hinatic:20180107164822j:plain

さらにバスで鳥羽に移動し、こちらもオススメしてもらった漣 鳥羽店で開きのエビフライを食べる。2時を回っていたのにまだ行列していた。エビフライをしっかり堪能したかったので、いろいろな小鉢が付いているセットはやめてどーんとエビフライ3本の定食に。身がプリンプリンですごく食べ応えがあった。


鳥羽水族館では海獣コーナーが見応えあって面白かった!マナティジュゴンも可愛かった。インパクト重視なのか、水槽に同一種が大量に入れられてて伊勢海老のコーナーなどは密集しすぎて気持ち悪かった…自然な生態展示が好きです……

 

f:id:Hinatic:20180107165215j:plain

アシカと個別チェキを撮って喜んでいる私

そして最後に念願の赤福へ。赤福の店舗はたくさんあるので、時間が押したら真っ先に予定から削ってきたため最後になってしまった。閉店直前の鳥羽店に滑り込み、ぜんざいと赤福盆を。外が寒かったのもあって、めっっっっちゃ美味しかった。もう一杯食べたかったけどがまんしました。赤福って店舗だと2個入りとか3個入りがあるんですね!ちょうどいいサイズ〜。

行きそびれたところも多々あったけど、国内旅行って「あ〜あれもこれもしたかったな〜」ってちょっと後ろ髪引かれるくらいで帰るのがちょうどいい気がしています。1泊2日で十分楽しめました。また行きたいな。