H.R.Kit

この世の楽しそうなこと全て体験しないと気が済まない

【コーヒーミル】ナイスカットG と NEXT G の違い

前回までと全然テンション違うけど伝えたい、どうしてもこれは後世に伝えたい。

カリタのナイスカットGとNEXT Gで迷ってる人、迷う理由が値段ならNEXT G買ってー!!!

なんのこっちゃですね。今日はコーヒーミルのお話です。ふたつのコーヒーミルで迷っている人の目にいつか止まるようにこの記事を小瓶に入れて海へ流します。

 

私はハンドドリップのコーヒーを好んでよく淹れています。コーヒーってほんと人によって哲学が違って淹れ方も諸説あって道具も様々なんですけど、いよいよコーヒーミルをレベルアップすることにしました。

というのも今までずっとミキサー式の安い電動ミルを使っていたんです。ミキサー式は一番微粉が出やすく粒子が揃わないミルなので、そこそこハンドドリップが安定してきたところで粉っぽさや雑味が気になるようになってきました。という話をお父さんとしてたら「最近挽いた豆をふるいにかけて微粉を落としてる、すっきりしていいよ」と言うので試してみたところ、確かに微粉が落ちる落ちる。ふるいにかけてみたことで今使っているミルは粒子の大きさにめちゃくちゃバラつきがあることを自覚しました。

時を同じくしてお母さんからは「お父さんが台所にコーヒーの粉を撒き散らして困る」という怒りのお声も発生。そうだよね散らばるよね。お父さん不器用だしね。

よーしじゃあお父さんの誕生日にミルあげよ!この間焙煎屋さんのワークショップで見たコーヒーミルすごい良さそうだったんだよね〜と調べ始めて、私はカリタの谷に落ちました。

カリタ、それは国内最大手のコーヒー機器メーカー。メリタ、それはよく似たドイツのコーヒー機器メーカー。なんで同業でそんな似た名前つけたのカリタ?

そんなカリタの電動コーヒーミルの人気の上位機種(というべきか業務用下位機種というべきか)にはナイスカットGとNEXT Gという2種類があります。実売価格で今ナイスカットGが約2万円、NEXT Gが約3万5千円。

カリタ コーヒーミル ナイスカットG #61102 アイボリー

カリタ コーヒーミル ナイスカットG #61102 アイボリー

 

 

カリタ コーヒーミル ネクストG 電動ミル 61092 スモーキーブルー

カリタ コーヒーミル ネクストG 電動ミル 61092 スモーキーブルー

 

このふたつ、 NEXT Gのほうには

・静電気除去機能が付いている

・スイッチが前面についている

っていうのが一番大きな違いなんですけど、大したことなさそうに思いませんか。私は思った。そんくらいの違いなら別にいっかって思って自分用にはナイスカットG、お父さんにはNEXT Gを買ったんですよ。ナイスカットGは評判通り均一な挽き目でめっちゃいいじゃーん!て喜んで使ってたの。んで実家に送ったNEXT Gの方はどんな具合かねと気になって試しに行ってきました。

そしたらもーーー違う。NEXT Gはほんとに静電気が一切ない!ナイスカットGに静電気が起きるっていうのはわかってたんですけどね、それって噴出口にコーヒーの粉がいっぱいくっつくって意味だと思ってたんだけど、私の置いてる環境が悪いのか粉受けのステンレスカップまですごい静電気を帯びるんですよ。だから毎回コップ取るたびにビリってするの。地味にストレス!今はまだいいけどこれ冬になったらどうなっちゃうの……。

そしてナイスカットGの方は電源スイッチが背面に付いてるもんだから、いちいち手探りで一瞬探す時間がいるんですよ。まぁほんと地味に1秒とかなんだけどね、地味にストレス2。

キッチンの作業においてこういう地味なストレスって結構嫌じゃないですか?コーヒーなんて朝晩淹れるのに。タイムマシンがあったら買う日の私に教えてあげたい。あんたが今大したことないって思ってる差、めっちゃ大事だよって。ナイスカットGは決して悪くない、前まで使ってたミキサー式のと比べれば天と地の差があるんですけど。正直粉の挽き目には差はないのでクオリティは変わらないと思う。使用感の問題です。

 

このようにちょっとの差をケチったことをめちゃくちゃ後悔して、夫に失敗したーって愚痴っていたら「ちゃうで、もう買ったあとなのに実家のやつを試したのが失敗だったんやで」と言われてかなりなるほどと思いました。機能差に対して金額の差がデカすぎる、これは本当に思いますが静電気除去機能がめちゃくちゃ高いのかもしれない。そう思って私はNEXT Gの方をゴリ押ししたいと思います。誰かに届けこの思い。

不妊治療の基本検査について

今日のブログの結論は「みんな婦人科に行ってね!」ということです。頼んだよ。


前回書いたブログには思った以上の反響をもらって驚くやらありがたいやらです。ひとつだけ聞いてほしいのは、私出産することだけが女の喜びなんて思ってないよ!?大前提すぎて書こうとも思わなかったけど子供のいるいないに良し悪しなんて無いよ。ただ私は今子供欲しいと思ってるよっていうだけです。女性の生き方にもっと選択肢を!と前のめりになる気持ちはめちゃくちゃ分かるんだけど、かと言って私の気持ちまで時代錯誤のいけないもののようにされても困っちゃうな〜という思いです。伝われ〜!

 

さて今回は不妊検査についての話を書きたいと思います。不妊にも様々な原因がありますが、私の場合は卵管狭窄・閉塞が大きな問題の一つで、さらに子宮内膜症・AMH値が低いという良くない点があります。順にどういうことか書いていきたいんですが、私は素人なので間違った記述がきっとあると思います。少しでも気になる部分がある人はぜひ婦人科を受診してみてください。

 

 

まず子宮内膜症については二十代前半から分かっていました。
何年か前に子宮頸がんの原因となるHPVウィルスの予防接種が日本で受けられるようになりました。巷で子宮頸がんワクチンとか言ってるやつです。本来は性交渉前の女子が対象だけど、母の勧めもありはじめて婦人科にかかりHPVワクチンの接種*1を受けました。その過程の内診で、私は子宮内膜症になっており、左の卵巣にチョコレート嚢腫という血の塊ができていることを告げられて心底驚きました。だってそれまで生理で悩んだことなんてなくて、止まったり不規則だったこともなく、まぁお腹は痛いけどみんなそんなもんでしょ?と思っていたから。子宮内膜症というのは本来子宮にしかできないはずの内膜(これが剥がれ落ちるのが生理)が他の部分にできちゃうっていう病気で、原因はよくわかっていないみたいです。私のチョコレート嚢腫は手術などが必要なサイズではなかったため、定期的な経過観察をしていきましょう、妊娠すると(生理が止まるので)嚢腫が小さくなる人も多いから妊娠はあまり後回しに考えないほうがいいですよ、というようなことを言われました。そこから少なくとも年に1回は婦人科で検診を受け、特に嚢腫のサイズは変わらないような数年を過ごしていました。

 

そんな訳なので、結婚してからは「二人だけの時間を」とはあまり思わず、引っ越しなどが一通り片付いたところでまずは自己流で妊活を始めました。基礎体温を計って排卵予定日を推測する形だったけど、はじめのうちは計り忘れることがとても多くて全く役に立たず。市販の排卵検査薬を使って排卵日を予測したりもしましたが、どうもらちがあかないなと思って一般の婦人科で排卵日を見てもらう「タイミング法」を何回か行いました。なんか妊活用語で排卵日を狙ってセックスすることを「タイミングを取る」とか言います。
そうこうしているうちに、夫の妹が妊娠したことが分かりました。それまで誰の妊娠報告を聞いてもいつも普通に良かったね!と思っていたのに、義妹の妊娠に私は取り乱してしまった。長男の嫁というプレッシャーを一人で勝手に感じていたんだと思います。私達の1年後に結婚した私と同い年の義妹なので、やっぱり私の体ってなにか問題があるんじゃないか…?という疑念が強くなり、通っていた婦人科の先生が嫌いだったこともあり不妊専門のクリニックの門を叩きました。電話をしたら初診は2ヶ月待ちというから驚き。不妊治療する人が増えているっていうのはこういうことか……と実感しました。

 

専門のクリニックではまず最初に様々な基本検査をします。生理に合わせてホルモンなどが変化しているので周期によってできる検査が決まっていて、私はだいたい1ヶ月半くらいかけて4回通院しました。採血!検尿!採血!ご開帳!採血!という感じでとにかく血を抜かれるけどそれでかなりのことが分かるので医学はすごい。並行して各種感染症やがん検診も一緒に行っていきます。都度エコー検査があるんだけど、あのエコーの棒もうちょっとなんとかならんもんかな〜!?柔らかいシリコンで包んでバイブみたいにしてほしい。いくら細くても表面が硬いもん突っ込まれたら痛いんや……性産業からなんらかのヒントを得てくれ……。
しかしエコーの痛さなんてかわいいもんで、本当の恐怖は卵管造影検査でした。これは子宮に造影剤を流し入れて卵管がきちんと通っているかレントゲンで確認する検査です。卵管が正常な場合はさほど痛みは出ないが、詰まっているとめっちゃ痛いという事前情報を得ていたのでかなり覚悟して検査に臨みましたが、結果として目の奥が白くなるくらい痛かった。まず子宮に造影剤のチューブを入れる時点でもう(お母さん助けて……)と手のひらがグーになる。途中で「卵管の通りが悪いので通常より量を増やします、もう少し頑張ってください」と言われた後、お腹の真ん中と右側に熱湯を注入されたのかと思うような痛み、そしてシーンとしてる左側。体感で(左の卵管死んどるな…)と分かりました。結果左は完全に卵管が詰まっている卵管閉塞、右も途中まで通ってはいるが卵管の先からほとんど造影剤が出ておらず、卵管狭窄という診断が下りました。卵管がきちんと通っていないということは精子も通れないから受精もできない、自然妊娠はかなり難しい状態です。この時私はアルコ&ピースの受精説明会のコントを思い出していました。かわいそうな精子よ…(なんらかの方法で見てみてください、うさんくさいセミナー講師の平子さんが最高)
あとその後の子宮鏡検査というやつが油断してたら白目むくほど痛かった。オイ!!聞いとらんぞ!!これは子宮の中をカメラで見ておかしなところがないか確認する検査です。ここは特に異常は見つからず。

検査の中で自費になるから検査をするかどうか決める必要があったのが抗精子抗体の検査(精子を異物として殺してしまう抗体がないか)とAMH検査(卵巣にどのくらい卵子が残っているか)です。私はこのAMH値が45歳相当に値するということが分かりました。またFSHという卵胞を刺激するホルモンも40代並みに強く出ていて、卵巣にホルモンが強く働きかけないと排卵しない状態になっているということも分かりました。つまり実年齢は30歳だけど卵巣はもう40代のような働きで、卵子の在庫がとても限られているということ。ちょっとクラッときました。
卵管因子の不妊ということはわかりつつも、ヒューナー検査という性交直後の膣内の精子の動きを確認する検査も受けましたがこちらは問題なし。そして夫の精液検査の所見にも問題は見当たりませんでした。

 

これらの結果から取れる対応としては、外科的に卵管が通るように手術を受けるか、体外受精ということになります。卵管が詰まっている以上体内では受精できないんですね。ただ私の場合AMH値がかなり低くてタイムリミットが迫っているので、卵管形成の手術をしてタイミング取って……と悠長に自然に授かることを待つ暇はあまりなさそうです。残された時間を考えて、体外受精に踏み切ることにしました。

 

このように不妊治療のための基本検査を一通り受けてみて、検査で分かることってあくまでスタートラインなんだなと思いました。検査では調べようのない妊娠への障害もいくつもあることを知ったし、ありきたりな言葉だけど妊娠・出産って本当に奇跡なんだなって初めてちゃんと実感した。そして一言で不妊症と言っても、人によって全く問題点が違って数え切れないアプローチがあることも知りました。

自分自身への反省は数え切れないくらいあって、でももうどうしようもないことなので前だけ向くしかないんだけど、私と同世代で妊娠を考えている人にはやっぱり最低限一般の婦人科でいいから受診してほしいなと思います。そして子宮内膜症がある人は最初から不妊の基礎検査を受けた方がいいと思う。私は子宮内膜症をナメていて、女が何人か集まればたいてい内膜症持ちの子がいるのでなんかけっこうみんな持ってる疾患のような気がしていたんですね(女子高出身なので同窓会でもあろうもんならすぐ婦人科の話になる)。でもチョコレート嚢腫がある左側の卵管が閉塞してしまっていたので、もっと知識があって最初から検査を受けていれば1年早くスタートできたなぁ、と思います。

ただ保険が効く検査でもトータル5〜6万くらいかかったので、普通に婦人科で分かる範囲のエコーとかで何も問題がない人が最初から受けるのは抵抗があったりするかもしれない。全くの無駄かもしれないしね。なので私が1年前の自分にアドバイスするとしたら、こんな手順はどうだろう?と思っています。
・まず風疹・麻疹の抗体検査をする(夫婦で)。現在は風疹の予防接種は2回打つんだけど、昭和54〜62年生まれの人は1回しか打つ機会がなかったので*2抗体を持っていない可能性がある。これらの抗体を持っているかの検査や混合ワクチンの接種は、妊娠を希望している男女なら無料ないし支援ありで受けられる市町村が多いようなので調べてみて、抗体がなかったら男女とも予防接種を受けておく。
基礎体温表をつけ始める。あとで病院に持っていくことも考えて、アプリとかでも最終的に紙に出力できるものがいい。私は婦人科でもらった紙の体温表に付けてる。体温がグンっと下がった日に生理が来るのでそれが分かるだけでも便利。
・とはいえ体温表では排卵日の予想はしづらいので(後からの答えあわせでしかないと思っています)、婦人科で卵胞のサイズを見てもらうなどして排卵日の予測を立てて、はじめからきちんとタイミング法を実践する。生理から何日で排卵日が来るかなんて人それぞれだし、体温表も積み重ねがなければ予測ができないので、自分のあやふやな見当で時間を無駄にしない。ルナルナの有料プランに申し込まない。(私です)
・ある程度の期間タイミング取ってみて、妊娠しなければ夫婦で不妊の基礎検査を受ける。今は1年妊娠がなかったら不妊を疑うということになっているようですが、正直私はこの「1年」に囚われすぎたと思ってる。半年とかでも不安になってたら受診した方がいい。「なんでなんで」って思いながら毎月生理が来て落ち込む生活は悲しいので、なんでかは分かってた方がいい。原因不明の不妊ももちろんあるし、分かっても治療がうまくいかないこともたくさんあるけど……。
・保険適応外だろうが検査は全てやる。治療の方針を立てるのに役に立つはず。


使ってた排卵検査薬。高いから海外のものを使う人が多いらしいんだけど私は薬局で買えるこれを使ってた

 

妊娠への漠然とした不安を抱えながらもはじめから不妊検査を受けなかったのはなんでだろうと振り返ってみたけど、今でも本当は自然に妊娠してみたかったなぁってどうしてもどっかで思っているからかな。やっぱり「アナタ♡ワタシ、できちゃったみたい♡」(千鳥)もほんとはやりたかった。夫がどんな顔するか見たかった。自然妊娠にこだわっていたつもりはなかったけど、生命の神秘みたいなものを感じてみたかったのかもしれないなぁ。でも「まだ結婚したばっかりだし」「不妊検査なんて早すぎるんじゃ」と思うこともあるだろうけど、不妊治療に早すぎることは絶対にないと今なら言い切れるよ。杞憂だったらそれはそれでいい。婦人科に行こう!

 

え〜もう5千文字じゃん。がんばって短くしようとしたけど無理でしたごめん。
次回、「え!体外受精もできないの!?ホルモンの馬鹿野郎!」乞うご期待!

 

 

*1:ちなみにHPVワクチンの接種についてはいろんな問題が巻き起こっているけど、私はもし娘ができたら絶対に受けてほしいと思っています。よかったら最新のガイドラインを読んでみてほしい。
日本産科婦人科学会 

「子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために」


あとBuzz Feedのこの記事がわかりやすい。

 

www.buzzfeed.com(副作用問題など、自分が接種済みのワクチンなので気になって追っていた)

*2:くわしくはこちらで。

三十にて孕まず

いよいよ三十歳になった。

早生まれってことを羨ましがられるけど、二十代最後のカラータイマーが点滅し続けた一年よりは、三十代の最若手になったことで少し落ち着いた気分がします。とはいえ私の二十代後半は「なんとか結婚したい」という一心で、全員に配られる唯一の共通カードこと「若さ」が手札にあるうちになんとかゲームを終えたい、ということばかり本気で思っていた。なんかこう報われない恋愛経験しかないせいか、どうしても自然に生きている中で出会った人と意気投合して結婚、というイメージが湧かず、色気のかけらもないので結婚相談所とか使って結婚するんだろうなと昔から思っていたこともあり、「~29歳」のプルダウンに所属しているうちが鍵だと思っていました。「若さ」のカードは婚活フィールドにおいてプレイヤーが女性の場合強制的に全ステータスを上げる能力があります。

 

世の中には天然物の恋愛じゃないと信じない人たちがいるけど、私はただ恋を飛ばして愛に行きたいだけなのにってずっと思ってた。天然物がなんぼのもんじゃい私はジビエよりも畜産肉が好きなんじゃ。この辺の話で5万字書けてしまうが、とにかく「恋は信じてないけど結婚してその先に愛があることは信じている」という家族信仰の強い人間になってしまった。

 

私はどうも恋人や友達のことを「一過性の現象」でしかないと思うことで自分を守っている節があるんですね。LINEの無料スタンプと一緒、ダウンロードした時は楽しいけどそのうち期限が切れてしまう。これは本来は1対1の関係が好きで狭く深い交友関係を持つタイプだったのに、中高大とそれぞれの時期で親友だと思っていた相手に無下に切り捨てられる経験が重なって友達が一人もいなくなってしまったせいだと思ってるんだけど、「他人って自分が思うほど自分のことを思ってくれないんだな」という絶望の中で手元に残ったものが、私の場合「家族」だったんですね。これが音楽とかだったらかっこいいのにと思うけど、変わらずそばにあるのって家族しかいなかった。未だに一番仲良しの人はお母さんだし、結局お姉ちゃんに頼ってしまう。なんでもお父さんに訊いてしまう。

それでも友情や愛を諦めたわけではなく、誰かと一緒にいることは好きなので、リスクを分散させれば私も人並みにやっていけるなって分かったのはそう昔のことではない。誰にも誘われないから自分から誘っちゃうし、待ってても言われないから自分から好きって言う、私と二人きりで遊んでつまんなかったら嫌だから、みーんな呼んで楽しいパーティーにしよう。そういうタイプの終わらない歌を歌いたいわけです。そうやってどうにか「友達」という理想とは折り合いをつけてきたけど、肝心の私の「家族」は不滅のものじゃない。お父さんとお母さんとお姉ちゃんが100年生きてくれるんなら結婚なんてしなくて良いけど、私は私で、自分の新しい「家族」が必要だった。家族と仲が良くて、「こんな家に生まれなければよかった」なんてついぞ思ったこともなく、結婚したら子供を作るもんだと当たり前に思っている人。それを「普通」だと思える、そういう普通の人。

そんな理想通りの人と結婚して1年半ちょっと経った。おじいさんは早起きしてドラゴンボールファイターズ(PS4)のコンボ練習を、おばあさんは夜更かししてシルバニアファミリー食玩に彩色を。そういう小学4年生同士の家庭で愉快にやっております。

 

さてタイトルは四十にして惑わずをもじったつもりなんですが、先日私は不妊症ということが判明しました。吾三十而不妊。こんなに子供欲しがってるのに!?簡潔に言うと自然妊娠する可能性は非常に低く、手術か体外受精をする必要があります。しかも早急に。

結果を聞いた日は吐き出すようにTwitterに書き込んでしまったけど、即レスくれた友人達には頭が上がらない。触れにくい話題を急に投下したのにいいねやリプライの反応をしてくれたのはとても癒されました。

ショックは受けたけど、理由がわかったのは気持ち的にかなりスッキリした。霧の中をうわ~ってなりながら手探りで歩いていたところに、「そっちの道は行き止まりだよ!」と教えてもらったような気分。もちろん今分かっている原因だけを解決すれば妊娠できるかというと当然そうではないけれど、少なくとも打つ手立てはあるということは、毎月生理が訪れるたびにまた今月もダメだったと暗い気持ちになっていた自分を奮い立たせるには充分でした。よかった2018年に生きてて。これが江戸時代だったら原因もわからず離縁され路頭に迷いながら閉経していたことでしょう。

 

それでもやっぱり最初の何日かは落ち込んでこのことばかり考えていた。

ある日の夕暮れ、家に向かって歩いていると、前方のマンションから小さい男の子が飛び出してきて「おーい!おかあさん、ここだよー!おかあさーん!ここだよー!」と大きな声で叫びながら私に向かって手を振っていた。ただいま~と小走りで私の横を通り過ぎて行ったお母さんの背中を見送りながら、どうしても涙が止まらなかった。おーい、どこにいるんだよー。

なぜかは分からないけど、この時私は「夫との子供が欲しい」とはっきり思いました。子供をもつことにずっと憧れてはいたけど、ただ私の子供というだけじゃなくて、夫と私の子供に会いたい。ゲームのコントローラーを握ると凶暴な性格になるところ以外は夫に似たらいいなと思う。

 

怖いし、不安だし、8時間おきに点鼻薬吸って毎日自分で注射打たなきゃいけないし、結果がどうなっても私の人生はハッピーで面白いものになる自信はあるけど、今踏み入れようとしている道は先が見えなくて怖い。でも間違ってるとは思わない。書くべきことじゃないのかなとも思ったけど、不妊の話をする用のアカウントを作るのも嫌だった。「不妊症の私」しかアイデンティを持たないアカウントを持つのは今の私には危険だと感じた。不妊コミュニティって「給食食べ終わった人から校庭で遊んでいいよ」の教室みたいなもんで、付き合い方は慎重にならざるを得ないなと思います。ブログにしか書かない、って決めちゃえば脳から直結してTwitterに書くのも抑えられるだろうし。あと壁に向かって話すのつらいじゃん……読んでくれる人がいるならそれに越したことないから……。

 

数ある人生の分岐の中で、あの時通らなかった道を選んでいたらどんな人生だったかなんて誰にも分からない。子供ができなかったらいつでもダイビングできるし、夫婦二人だけのためにお金も使えて選択肢も増えるかもね。そうなったら結婚前に「ジカ熱(感染後の妊娠と小頭症に関連性がありそうだった)が流行ってるから」という理由で急遽取りやめたボリビアにも行く。でも今はタイムリミットが迫っている目の前の妊活に取り組む。私の人生が楽しくないはずがないと信じている。

 

この不妊の話をお母さんに報告した日はたまたまバイキングを食べに行っていて、膨れあがったお腹を指して「妊娠6ヶ月ー!」とか言ったらお母さんが微妙な顔をした。え、あれ、私もう妊娠ギャグとか言っちゃダメな感じなのか?いや、もう限界値を超えて太ってるのに開き直っていたので真面目にダイエットをして健康になるべきなのは分かってるんだけど……。不妊うんぬんよりダイエットの方が実はよっぽど気が重いよ。下手の有酸素運動休むに似たり。

 

 

さぁ私はお母さんになれるのかダイビング三昧になるのか、はたまた赤ちゃんのお人形をベビーカーに乗せて日夜公園を練り歩くかはまさに神のみぞ知る事ですが、今はスピらずがんばるぞ!という気持ちです。困難にぶち当たった時「全ては必然だった」とか思い始めるのは人の常。命の誕生というただでさえスピりやすいトピックを上手に乗り切りたいぜ。詳しいことを一通り書いて、いくらなんでも長いわ!と検査や治療の話はバッサリ切ったので、それはまた別記事に書きたいと思います。まぁ今後こういうことを書くことが増えていきます、というお知らせでした。

一泊二日でお伊勢参り

あけましておめでとうございます。
今年のお正月は伊勢神宮に初詣に行ってきました。旅行に行ったときのブログはその時に書いてしまわないとなかなか完成しないものですね。去年グレートバリアリーフでダイビングしたことや、高知県仁淀川に行った話も下書きのまま残っている。

f:id:Hinatic:20180107164112j:plain

あまりに山深いところにありイッテQ状態だった仁淀川。このような「青い川」を求めて北海道の美瑛にも行ったことがあるが、その時は不発だった

 

私はもともと赤福が大好きなので、赤福の店舗ではぜんざいを出しているということを知った瞬間に伊勢に行くことを決めた。決めたんだけど、伊勢思ったより遠い〜〜〜!JRの新快速の恩恵に預かり神戸〜大阪〜京都〜大津間が各15分くらいなので、アクセスが良すぎて関西狭いな〜とか思ってたら京都からはちょっと行きにくかった。


今回は伊勢神宮初詣切符という伊勢志摩間の周遊切符と干支の縁起物などがついた近鉄特急券を買ったんだけど、バス乗り放題付きの切符もあるらしいので、次に行くときはそれにしようかなぁと思った。バス移動が必須なのだ。
Twitterでオススメの場所などを聞いたところ、さすがお伊勢さんだけあって行ったことのある人が多かったらしくいろいろ情報を教えてもらえた。オススメはほぼコンプリートできて嬉しかったしどれも良かった。

伊勢神宮は125もの社の総称で、中でも中心になるのが伊勢市駅から歩いて行ける外宮(げくう)と、そこからバスで20分離れたところにある内宮(ないくう)。
外宮からお参りするのが習わしとのことなので向かうと、間も無く安倍総理が参拝に訪れるという。威丈高な物言いの警官に腹を立てながらなんとか総理が到着する前に参拝を終え、まめや伊勢うどんを食べた。

f:id:Hinatic:20180107164247j:plain

後にここのうどんは美味しかったことが分かる

 

さて内宮行きのバスに乗り込むと総理のせいで交通規制にひっかかり、バスに1時間乗っても内宮に着かなかった。痺れを切らした乗客の1人が「もうここで降ろしてもらえませんか?」と鶴の一声を上げ、結果的に乗客はほとんど全員そこで降りた。あの時のおじさんありがとう。たまたま内宮の別宮の月讀宮の近くだったので、先にそこへお参りして歩いて内宮へ行った。参拝をすませるともう16時。有名な門前町、おはらい町とおかげ横丁は大体17時までなので、かなり駆け足で巡ることになったけど事前情報のおかげで買うものは迷わなかった。
伊勢角のカキフライ
豚捨のコロッケ
海老丸大アサリ、蒸し牡蠣
だんご屋のみたらし団子

f:id:Hinatic:20180107164725j:plain


お正月で混むからか、メニューを限定してるお店が多かった。豚捨はコロッケのみの販売


私は貝と天ぷらが苦手なんだけど、「海老丸の大アサリハマグリと牡蠣の天ぷらがオススメ!!」と友達が教えてくれたものが全部食べられなくて笑ってしまった。でもせっかく来たし地のものなら美味しく食べられるかもな〜って思って大アサリと蒸し牡蠣を食べてみたけど、やっぱ貝は今後も食べなくていいや。ホタテの貝柱だけ食べます。でもカキフライは初挑戦したら意外と食べられた!タルタルソースのおかげかな。
あとはおかげ犬のおみくじなども引いた。お伊勢さんに限ったことではないけど、お参りに行きたくても行けない主人の代わりに旅をしてお参りをした犬のことを代参犬と言ったそうな。金比羅さんではこんぴら狗と呼ばれていたけど、お伊勢参りをした犬はおかげ犬なんだそうです。おかげ犬のグッズどれも可愛かった。

倭姫宮神宮徴古館・農業館は回りきれなかったので翌日行った。徴古館というのは神宮のお祭りや御装束神宝、文化・歴史の博物館です。(外宮にある式年遷宮紀念せんぐう館もそんな展示内容のようだったけど、そちらは台風の影響でしばらく休館するとのことで行けなかった)Twitterで教えてもらわなければ行っていなかったと思うけどここがすごくよかった!職員の方による展示解説がすごく分かりやすかったので、時間が合えば絶対に聞いた方がいいです。(1日2回 10時/14時)
伊勢神宮遷宮は20年に1度。その度に全ての社殿を建て替え、御装束や神宝も新調するということはその技術が残っていないとできないこと。私は大学で金属系の伝統工芸の専攻だったので、めっちゃ神宝作りてぇ〜〜〜と思ってしまった。だってかっこいいんだもの。あと神職ってめちゃくちゃ忙しいんだなと思った。朝晩の御食事を供えるのとか含めて年間のおまつりが1500回あるらしい。忙しい。

またバスに乗って、夫婦岩と二見興玉(ふたみおきたま)神社に行った。二見興玉神社には海の守り神である綿津見大神を祀る龍宮社がある。今年もダイビングが出来るか分からないけど、気を付けて遊ぶのでお守りくださいとお願いしました。昔はここで身を清めてからお伊勢参りしたとのことで、順逆になってしまったが致し方なし。せっかくなので夫婦で1つずつ持つ夫婦守りを買った。

f:id:Hinatic:20180107164822j:plain

さらにバスで鳥羽に移動し、こちらもオススメしてもらった漣 鳥羽店で開きのエビフライを食べる。2時を回っていたのにまだ行列していた。エビフライをしっかり堪能したかったので、いろいろな小鉢が付いているセットはやめてどーんとエビフライ3本の定食に。身がプリンプリンですごく食べ応えがあった。


鳥羽水族館では海獣コーナーが見応えあって面白かった!マナティジュゴンも可愛かった。インパクト重視なのか、水槽に同一種が大量に入れられてて伊勢海老のコーナーなどは密集しすぎて気持ち悪かった…自然な生態展示が好きです……

 

f:id:Hinatic:20180107165215j:plain

アシカと個別チェキを撮って喜んでいる私

そして最後に念願の赤福へ。赤福の店舗はたくさんあるので、時間が押したら真っ先に予定から削ってきたため最後になってしまった。閉店直前の鳥羽店に滑り込み、ぜんざいと赤福盆を。外が寒かったのもあって、めっっっっちゃ美味しかった。もう一杯食べたかったけどがまんしました。赤福って店舗だと2個入りとか3個入りがあるんですね!ちょうどいいサイズ〜。

行きそびれたところも多々あったけど、国内旅行って「あ〜あれもこれもしたかったな〜」ってちょっと後ろ髪引かれるくらいで帰るのがちょうどいい気がしています。1泊2日で十分楽しめました。また行きたいな。

超高級免許証

 

長きに渡る戦いに今日終止符が打たれた。
運転免許が交付されたのである。
つらく苦しい冬は終わり、民には笑顔がもたらされた。

もうこんなに免許が難しいものだとは思わなかったんだよ〜!!!!!!

得意なジャンルではないとは思っていた。方向音痴で反射神経も鈍くて運動がまるっきりダメだし、マリオカートしてもジュゲムに吊るされてる時間の方が長い。それでも「普通の人の下位グループ」くらいだと思っていて、まさかみきわめ前に規定時間内で講習が終わらず補修、みきわめに落ち、仮免に3回落ち、卒業検定に5回落ちて追加で8万5千円も支払うことになろうとは露も思わなかったのです。8万5千円て。沖縄3泊4日行けるわ。入所時に[何回落ちても検定を無料で受け直せる安心パック]という選択肢があったんだけど、「別にいらないでしょ」と高をくくっていたあの時の自分に「愚者」の焼印を押したい。全身に押したい。でもほんと、やってみないと分からなかったわこればっかりは……


私はわりと「やってみないと分からない」という言葉を使いがちなんだけど、ネガティブに思われることにたいして「まぁでも実際どうか分かんないしね!」という気持ちで使ってばかりで、なるほど〜世の中にはこういうパターンの「やってみないと分からない」もあるんだね〜勉強になりましたわ〜〜〜と灰になりながらお金を払い続けた。検定に落ちるたびに補修代と再受験代で飛んでいく1万円。砂となって消える自尊心。みんなが当たり前のようにやっていることが出来ないなんて、私にはなにか重大な欠陥があるのでは……??実際検定で他の受験者の運転を見てるとみんな進路変更もデカい交差点の右折も路上駐車で狭くなった道もスイスイ運転こなしてるんですよね。何度も何度も試験に落ちている上に、2人1組で検定を実施するにあたり受験者が奇数の時に後ろに同乗する係として選ばれることが多かったので(見て覚えろよという配慮と予想)、12回くらいは教習生の運転する車に乗ったんじゃなかろうか。みんなたいして危なげなく落ち着いて運転してて、しゅごい……めっちゃなめらかにうんてんしてる……めんきょもまだないのに……と白目むきながら幼児退行。もううんてんやだ!こうどうでるのこわい!めんきょいらない!!!と何度もイヤイヤ期が来て暴れ回った。夜が来ると涙が出る、教習所ではじめての過呼吸、運転中に「このまま追突されて死にたい」と思ったりなど、振り返るとこれって軽く鬱の症状なのでは!?ストレスで過食傾向が加速してめちゃくちゃ太ったし。デブなのは免許のせいです。そうなんです。私のせいではないんです。

 

私は手元にピントを合わせて集中するタイプの仕事をしており、また昔からそういう目の使い方しかしていないので、「広い視野でどこかを注視することなく全体を見る」ということが全く出来ないんですよね。なので道路全体で今なにが起きているのか、ということが捉えられない。しかも反射神経も動体視力もクソなので目で見てからそれがなにか理解して体が動くまでが遅すぎて教官にブレーキを踏まれる→検定中止、というパターンがほとんどでした。よく「2秒よそ見したら事故になる」とかいうじゃないですか。それがよそ見してないのにナチュラルに起こってしまうんですよね……。ブレーキ踏まれてるってことは自分の判断は間に合ってないってことで、もう自分が事故を起こす絵がイメージできすぎて「運転する」こと自体がパニックのトリガーになってしまった。そして常時パニックなのでますます正しい判断ができなくなり、無限ループ。チーン。一度抱いてしまった苦手意識って払拭するの本当に難しいんですよね。緊張で手が震える、っていうのもはじめて経験しました。
1回は検定中に明らかに意地悪されて、交差点で一般車がパーンて前に割り込んできてすぐウィンカー出して止まって、私はなにが起きたか分からずパニックになっているうちにブレーキ踏まれて終わった。(私の目には突然目の前に車が"産まれた"と映った)初心者マークの車には幅寄せ割り込み禁止って習ったでしょ!!いわんや検定中の教習車をや!!!!と家に帰ってから1人悲しく憤ったのち泣いた。

 

そもそもなぜ免許を取ろうと思ったかというと、夫&その両親の唯一のリクエストが「子ども出来る前に免許を取ってほしい」だったからなんですよね。言われた時は私も「まぁ便利なんだろうな」と軽く承諾したけど前述のような状態になり発狂。でもここで一番悔しかったのが、「今すぐ運転が必要な訳じゃないから身が入らないよね」という態度!確かにすぐ車を買う予定もないし今現在全く必要じゃない。だからと言って真剣にやってない訳じゃないしなんなら真面目にやっとるからこそ辛いんじゃい!!アホ!!!!!「みんなぶつけながら上手くなるんだよ」じゃないんじゃ!!!!!!!!
まぁ当然技術なんて慣れと比例して身に付けるもので、やらないと上手くなんてならないのは分かってるんですよ。でもやったから上手くなるとは限らないんだよね!なぜなら悲しいかな適性というものがあるから。私はこの辺りから運転できる人とできない人の間には深く暗い川が流れていることに気付いてしまったのです。もうこれは運転できる人には絶対に理解してもらえない。どんなに言葉を尽くしても実の親にも分かってもらえないし、逆に運転のコツを言葉で言われても分からない。「えっ卵食べないの!?え〜絶対あった方が便利だよ、おかずにもおかしにもなるし栄養価も高いよ!」って言われても、私、たまごアレルギーなんです……。という気分になり、逆に免許取ったら危ないのでは?「慣れる慣れる!」って運転させられないためにも、いつまでも法的に運転出来ない方が安全なのでは……?と思い詰めるまでに至ってしまった。


それでも諦めずに6回も卒業試験を受けたのは、ひとえに意地です。義母の友人が2回も教習所を途中で諦めて辞めて、3回目の時は本当に子供の送り迎えで車が必要になって泣く泣く取った、という話を聞いていたので、途中でやめたら「今すぐ運転が必要な訳じゃないから」取れないって思われると分かりきっていました。必要ないからできないんじゃない。根本的に無理なんだ!見ろ!5回も落ちたぞ!という堂々とした気持ちで最終的にはたぶんめちゃくちゃオマケしてもらって受かりました。こんな危険人物にも免許が交付される世の中なので、みなさん車に乗るときは後部座席でも必ずシートベルトをしましょうね。Hinaticからのお願いでした。

 

憧れのロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」

高校のとき同じクラスになったよっちゃんは、天然パーマがボリューミーな女の子で、私のカルチャーの先生だった。今でいうサブカルの走りだったよっちゃんが勧めてくれた音楽や映画は、今でも大好きなものが多い。

中でも一番影響を受けたのが映画版Hedwig and the Angry Inch旧東ドイツ生まれの少年が自由と愛を手に入れるために性転換手術を受けるが失敗し、男でも女でも無いヘドウィグというロックシンガーとして自分が真に愛する「かたわれ」を探す人生を描いたロックミュージカル。オフ・ブロードウェイからはじまり今年で20年、まさに世界中で上演されるような演目になり、私も日本で山本耕史版、森山未來版に通い詰めた。三上博史版はあとから存在を知ったので音源しか持っていないけど見たかったなぁ。

オリジナルの作・主演はJohn Cameron Michael。彼のパフォーマンスを見たのは9年前の山本耕史版のときの『ヘドウィグ~』ツアーファイナル大打ち上げLIVE~ジョンも来るよ!〜(なんつうタイトルだ)で数曲披露してくれたのが最後で、その時すでに43歳だったしなんとなく日本で見るのはもう最後なのかなぁって思ってた。


ところがそのジョンが日本でヘドウィグのショーをやるってニュースを目にしたのが公演初日。絶版になってた映画版DVDのリリース広告だった。なぜ気付かなかった私!?!?慌ててチケット情報を見るも当然時すでに遅し。4日後が大阪公演だけど1公演しか無い上に千秋楽!こんなの絶対無理じゃん…と泣きながらありとあらゆるチケットサイトに目を通しTwitterなどでも嘆願していたところ、よくわからないチケットBBSに英語の書き込みを発見。譲ってくださいに対する返信の書き込みだったけど、もうこれを奪うしか無いくらいの勢いでメール発送。もしこの人から返事がなかったらどうか私に…と嘆願したところなんとOKが!!この公演のために中国から来日するという気合の入ったファンだということがわかり、私も期待度がアップ。ただTwitterで公演の感想を検索するとなかなか賛否両論で、あんま期待しすぎんとこ…と思いながらも眠れない夜を過ごした。

そして当日中国のファンの子と合流。私に譲ってくれたチケットの本来の持ち主は、なんとビザが下りずに来日できなかったとのこと。なんてことだ…。中国でもヘドウィグの公演が企画されたこともあったけど潰されて、DVDも発禁らしい。「中国ではヘドウィグはillegalなの」と言って笑っていた。日本でDVD買って帰るそうな。

せめてもの感謝の気持ちを示すべく大阪観光ガイドを名乗り出てしばし観光。

 

途中ユーリ!!on Iceのガチャガチャを発見してめちゃくちゃテンションが上がる二人。ジョンはユーリ!!on Iceのヴィクトルのモデルになっていることでも知られているので(むしろ日本ではその方が有名かも)、そこで鼻高々と「私はユーリの1話を見た瞬間にこれはジョンだってわかったよ!フィギュアスケートが好きなだけで見始めたから久保先生がヘドウィグ好きってとこまでは知らなかったけど一目見てわかったもんね」となぜかドヤ顔かましてしまった。ユーリのフチコさんみたいなやつでヴィクトルが2種類あったので二人共出るまで回して「ちっちゃいジョン……!」と喜んでいた。そうか自分の推しの俳優がアニメキャラのモデルになるとこんなグッズが手に入るのか!と目から鱗。

日本でのこれまでのヘドウィグの公演などについて質問され、いろいろと答えてるうちに彼女らの一人がとんでもないガチオタだということが分かってきた。まずNYに住んでてジョン本人に認知されて名前覚えられてるし、ヘドウィグに関する情報は全て網羅していてPCには公演日付ごとの写真フォルダがあるらしい。中国のファンはみんな彼女のweiboから最新情報を得ると友達も証言。本物だ。絶句してしまうようなお宝写真を見せてもらったり、ジョンのこのインタビュー映像がすごくいいよとかいろいろ教えてもらった。(見たけど英語字幕なしなので何も理解できず。がんばろう…)

 

公演限定のTシャツを買うために開演2時間前から並ぶという二人と一度別れ、私はヘドウィグオマージュのヘアメイクをした。Wig in a Boxというナンバーに擬えて、ヘドウィグの公演を観る時はいつも派手なアイシャドウをする。

I put on some make-up

and turn on the eight-track

I'm pulling the wig down from my shelf

美しく着飾って自分を取り戻すこと、全てを脱ぎ捨てた自分になってみること、どちらも手放さずにいることをヘドウィグを見ると思い出すので、誰にも会わなくてもいつも派手な化粧をしてハイヒールを履いて劇場に行く。昨日は特に派手にしたくて手芸用のラメを顔にまぶして行ったのでかなり道行く人々の視線を感じた。でもいいのだ。

 

 

 

(以降、今回の公演の内容について詳しく触れています)

 

 

 

f:id:Hinatic:20171019001313j:plain

会場はNHK大阪ホール。今までヘドウィグの公演を見てきた中で段違いに大きい箱で、これうまく盛り上がるかな…?とすこし心配になった。ヘドウィグは場末のライブハウスで少ない客を相手に巡業している設定で、その彼女のツアーの一環として物語が始まるのでどう考えたってホールツアーじゃ広すぎる。それに今回の公演は「SPECIAL SHOW」と題されていて、落胆のTweetも散見されたのでもしかしたら内容が全然違うのかもしれない。それでもジョンが見れればそれで……と思っていたそのとき幕が開いた。

全くの杞憂だった。Tear Me Downのイントロの中、中村中(あたる)さんのイツァークの紹介で歌いだすヘドウィグ。繰り返し、繰り返し聞いたCDと全く変わらない歌声がそこにあった。私本当にジョンの歌を聴いてる!もう54歳だしなぁとか思ってごめん。この広い会場をものともしない巨大なエネルギーで会場が一気に湧いて皆立ち上がる。すごい存在感だった。Wig in a Boxのときのショートヘアのウィッグの可憐なこと。みんなで歌うパートでテンポ完全に外して誰も一緒に歌えなかったのもご愛嬌。ところどころに「モウエエワ」「ウルサイ」「乳首ドリル」など関西弁とギャグを交えてきてジョンらしいな〜と思った!(当日ジョンはInstagramに街中のすち子のポスターとの2ショットをアップしていていたので、それの説明も含めてあとから乳首ドリルのギャグを説明するの難しかった、「大阪にはとても大きなコメディアン集団がいて劇場も持ってて毎週ショーのテレビ放送があるんだけど……」)

中村中さんも、山本耕史版でも観ていたけど格段に表現力の幅が上がっていたと感じた!今回はヘドウィグ/ジョン イツァーク/中 と割り切った配役ではなく、二人で一役であり全役の演出だったので、中さんがヘドウィグでいる時間がかなり長かったけど、これは将来中さんがヘドウィグを背負って主演するルートもあるんじゃないか?と思わせるくらい良かった。(ただ公表されていたキャスティングは上記の通りだったので、不満を抱く人がいるのも大いに分かる。中さんがヘドウィグを演じるというのは公式からは事前に解釈のしようがなかった)

懸念だったNHKホールは音響も照明も最高で、最後ヘドウィグが光の中へ向かって歩き出すシーンの照明設計なんて素晴らしくてまた泣いてしまった。ほんと照明効果的だったな。

 

「ヘドウィグは全編ジョンに演じてほしかった、セリフ全部英語でもいいのに〜」「あのアニメなに?マジ"日本"じゃない?」「なんでExquisite Corpseをイツァークが歌う!?そんな演出今まであった!?」「なんで最後トミーのWicked Little Town(reprise)でTシャツ着てるの!?全部脱ぎ捨てた姿と被せてたはずだったのに…あのワッペンを捨てるスケールのショボさよ」(これは日本ではステージで裸はダメとかそういうこと?と聞かれたけど前に三浦春馬の全裸も見てるしきっとそうじゃないよね?単にジョンのボディラインの都合だったのではないかと思う)などなど、見終わったあと口々に言い合った感想はみんな同じで笑ったけど、それも全てジョンの歌声の前では風の前の塵に同じ。本人が再演するというカタルシスだけではなく確かな力量とパワーでやりきってくれたことに感謝して運営の綻びにも両目をつぶって終わりたいと思います。

そして明日はジョンの最新作「How to talk to girl at parties」のジャパンプレミア。行ける人いいなぁ…

公式Instagramなど貼っておきます。ヒット祈願!

www.instagram.com

主婦 Year 1

結婚して一年が経った。マジか〜。

思っていたよりずっとあっという間に一年が過ぎてしまった。はじめて自分で生活のすべてをマネジメントするようになり、毎日目の前のことをクリアするので精一杯だったからかもしれない。
実家暮らし同士がはじめた新しい暮らしだったのでヨチヨチスタートだったけど、その分お互いに生活の中の自分ルールみたいなものがなく、随時決まりを作ったり変えたりしていけたのがよかった。
夫の良さは一緒に暮らし始めてから分かった。口では「彼氏としては面白みはないけど旦那さんなら安心なタイプ」なんて言っていたけど、まさかここまで暮らしやすい人物だったとは。穏やかで思いやりがあり下手な料理に文句も言わずいつもニコニコしている。休みの日にスーパーでも行こうかなと腰をあげるとついてきて必ず荷物を持ってくれる。ありがたや〜。私がキッチンでなにか落として「ギャーーー!」とか叫んだりすると必ず見に来てくれるし。まぁ見に来ても「あら〜」とか言ってるだけなんだけど、手伝うことがあればすぐやるよという気持ちが伝わるのでそういうささいなことがとても嬉しく、またこういうことが嬉しいっていうことが嬉しい。この人と結婚できて幸せだなと思う。こんな風に思うなんて結婚するときは想像もできなかった。

夫は一切こだわりを持たないわりに、私のこだわりは見抜いたり理解しているのがすごい。「なんでもいいよ」が口癖のわりに意外と目利きとでもいうか、気付いてほしいところを外さずにちゃんとおさえている。いつもボーッとしてるのにピンポイントで的確なこと言ったりするのでびっくりする。
夫は頭の回転も早ければ記憶力も抜群なので、言った言わない問答をする必要がないのも最高。なんでも覚えててくれる相手と暮らすのは楽でもあり、小手先のごまかしがきかない脅威でもあるけど。けっこうトンチンカンなことをする時もあるけど、その場の感情で動く私とは違い夫なりのロジックが通っているので(なぜこうしようと思ったんだ?)と夫の思考を探る謎解き要素もある。

私にとって結婚は「大好きな人とずーっと一緒にいる方法♡」ではなく「一生信頼するパートナー選び」だったから、青春時代に誰にも選ばれず満たされなかったルサンチマンは一生つきまとうものだと思っていたけど、それが少しずつ影を潜めていくのを感じる。
夫はなぜか私に自分の全てを委ねることにためらいがないので、この謎の信頼に応えられる自分であろうと私の短気でヒステリックな人格がほとんど登場しなくなってきた。優しいいきものと暮らすうちにどんどん自分も丸くなっていくというか……アニマルセラピー……????
出会った日からときめきはないけど間違いなくこれは愛。大事にするぞ。